【性病検査で迷ったらこれ!】郵送検査キットTOP3

【現役風俗嬢インタビュー】性風俗店に行くと性病感染リスクはどのくらい?風俗嬢に聞いた10の質問(後編)

前回の記事(前編)はこちら↓

【現役風俗嬢インタビュー】性風俗店に行くと性病感染リスクはどのくらい?風俗嬢に聞いた10の質問(前半)

──本日は性風俗店に勤める現役風俗嬢のエリカさん(仮名)にお越しいただいております。
エリカさん引き続きよろしくお願いいたします。

エリカ:よろしくお願いいたします。

──それでは早速インタビューの続きに入りますが、後半はかなり踏み込んだ質問を用意しています。私自身も「これ大丈夫かな」っていうのがいくつかあって(笑)

エリカ:今日はそのつもりで来ていますので多分大丈夫ですよ(笑)

──ありがとうございます。それでは早速質問に入らせて頂きます。

【質問7】性風俗店もしくは風俗嬢選びの際に、性病感染リスクをできるだけ低くするためのポイントやアドバイスはありますか?

──たとえば男性が性風俗店を選ぶ際に「性病感染リスクを可能な限り低くしたい」という強い思いがあった場合、お店選び・または風俗嬢選びにおいて気をつけるべきポイントやアドバイスはありますか?
現役風俗嬢のエリカさんだからこそ気づけるポイントや、「私だったらこうする」といったご意見があればぜひお聞かせください。

エリカ:そうですね。まず、お店選びに関してですが、本番行為が認められている性風俗店に限って言えば、有名な高級性風俗店などを選ぶことで(激安なお店などと比べると)格段に性病感染の確率は下がると思います。
超高級店などは性病検査を徹底してるだけでなく、感染が分かれば即出勤停止命令が出されるので、性病に感染している女の子が出勤しているということはほぼないと思います。

エリカ:逆に、激安店は金額的にはお得かもしれませんが、性病検査を徹底していない、または黙認して働かせている場合もあるので感染リスクはとても高くなってしまうと思います。

──安いには安いなりの理由がある、と言うことですね。「黙認しているお店」は男性としては絶対に行きたくないお店ですよね。怖いなあ。

エリカ:次に、本番行為が認められていない性風俗店に関してですが、これは本当に女の子次第・・・というイメージです。
先ほども言いましたが、本番行為が認められていない性風俗店は基本的にお店側で性病検査を徹底管理している店舗は少ないです。そうなると結局は「女の子が性病をどこまで意識しているか」にかかってくると思います。
自主的に定期検査をしている女の子もいれば、全く検査をしない子もいますからね。
「前回大丈夫だったから今回も同じ子を選んでも感染しないだろう」という考えは禁物です。
とにかく言えることは、あまりにも安いお店を選ぶのは危険だと思いますね。

──ありがとうございます。お話を聞いていると激安店に対してのリスクポイントが見えてきますね。
では、風俗嬢選びの面ではいかがでしょうか。性病感染リスクを下げたい場合の風俗嬢選びで何か気をつけるポイントなどはあるのでしょうか?

エリカ:そうですね、「ホスラブ」や「爆サイ」というサイトはご存知でしょうか。

「ホスラブ」= ホストラブ /「爆サイ」= bakusai.com
性風俗店や風俗嬢に関しての情報交換を目的とした巨大掲示板サイトのこと。実際の利用者が、個別の店舗のみならず風俗嬢個人に対しても言及しているため、多種多様な生の情報を集めることが可能。

エリカ:ウソ情報も多いのですが、これらのサイトでお店のスレッドを検索して書き込みを見てみるのも1つの有効な方法だと思います。
お店だけではなく、女の子ごとのスレッドも存在するため、「○○ちゃんに性病をうつされた」、などの情報を得ることも可能です。

──そんなサイトがあるとは知りませんでした。なるほど、このようなサイトでリアルタイムの生きた情報を知ることができてしまうと。これは男性としてはとても参考になりそうです。ただ、風俗嬢側からすればとてもシビアな存在ではないでしょうか。ネガティブなコメントを書き込まれてしまう場合もあるわけですよね。

エリカ:そうですね。これらのサイトは私も同僚も結構見てます(笑)。このサイトで同僚が性病に感染したことを初めて知るケースも多いです。
あとおっしゃる通り批判的なコメントも確かにありますから精神的にとてもつらくなってしまうこともありますね。見なければ良いのですが。。

──お察しします。本当に大変なご職業だなと改めて痛感します。
それではつづいての質問にうつりたいのですが、この質問は読者アンケートを行った際「読者が現役風俗嬢に聞いてほしい質問ダントツ1位」だった項目です。男性の方はぜひ注目してください(笑)

【質問8】「風俗嬢が性病に感染しているかどうか」を見分けるポイントは?

──とはいえ少しぶしつけな質問で、私もすこし聞きづらくて(笑)失礼を承知で伺ってもよろしいでしょうか。

エリカ:大丈夫だと思います(笑)

──ありがとうございます。それでは質問ですが、男性がお店でサービスを受ける際、「その際の風俗嬢(女の子)が性病に感染しているかどうか」を見分けることは可能なのでしょうか?もし可能だとすれば、見分けるポイントを教えて頂くことはできますか。

エリカ:たしかにかなり踏み込んだ質問ですね(笑)
ただ、その気持ちとても分かります。私たち風俗嬢側も、実際にサービスを行う際はお客様が性病に感染していないかどうかは必死にチェックしてるんですよ。

──やはりそういうものなんですね。たしかに風俗嬢の方にしてみれば、性病に感染してしまうと仕事ができなくなってしまいますから死活問題ですよね。

エリカ:まったくその通りです。では私がわかる範囲でお答えしますね。
まず私も感染したことがある「尖圭コンジローマ」ですが、女の子の性器付近を見るとカリフラワーのようなブツブツが出来ているのが特徴ですね。性器付近でなにかブツブツが3つ以上できている場合は尖圭コンジローマの可能性が高いと思います。

──これは比較的分かりやすそうですね。

エリカ:そうですね。次に「梅毒」ですが、これは感染してから症状が出るまでにかなり長い期間(潜伏期間)があります。ですから症状が出ていない場合は見るだけは判断することはできません。ただ症状が出ている場合はある程度見分けることが可能ですよ。
初期であれば性器や肛門付近に「触るとわかるくらいの小さなしこり」ができます。初期以降であれば、手に赤い斑点ができていたり、身体全体、特に背中やおなかが分かりやすいですが赤い発疹が出来ます。この様な症状がでていたら梅毒だと思っていいと思います。

──梅毒の初期症状が出るまではおおよそ3週間程度と言われていますよね。

そうですね。初期症状が出るまでの期間はまず見分けることができません。あと初期症状は一定期間が過ぎると自然治癒しますので、そのタイミングも外見上から判断するのはとても難しいと思います。

──なるほど、ありがとうございます。他の性病はいかがでしょうか。

エリカ:はい、「性器ヘルペス」は性器の周りに水疱ができます。こちらは見たらすぐにわかると思います。
「トリコモナス」は、女性のオリモノが増えたりかゆみといった自覚症状がほとんどです。
見分けるポイントとしては、オリモノの匂い(膣からの匂い)が腐敗臭のような悪臭がしたり、黄緑っぽいオリモノが出ていると見分けがつくと思います。なので女の子の下着やパンティーライナー、または粘液などを確認するのが良いと思います。

エリカ:最後に「カンジダ」ですが、これは外陰部が赤く腫れます。またかゆみもありますので女の子がやたらと、かゆがっていたら注意かもしれませんね。ただ赤く腫れてるだけですので、外見だけで見分けるのは難しいかもしれません。

──貴重なご意見ありがとうございます。ここまで深いところまで踏み込んで頂けるとは思っていませんでした。男性の方々はぜひ参考にしてください。

本記事では割愛していますが、エリカさんから「男性の性病を見分けるポイント」についてもお伺いしていますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

【質問9】男性が性風俗店を一度だけ利用した場合、性病に感染する確率はどの程度だと思いますか。

──つづいての質問は、本インタビューの趣旨である「性風俗店に行くと性病感染リスクはどの程度あるのか」の回答そのものになるかもしれません。ズバリお伺いしますが、たとえば男性が性風俗店を一度だけ利用したとして、性病に感染する確率ってどの程度だと思いますか。

エリカ:難しい質問ですね(笑)

──リアルな現場で日々働かれているエリカさんの主観で結構です。

エリカ:そうですね、1度だけの利用だと、、、確率でいうと30〜40%くらいかな。

──私が思っていた以上に高いです。

エリカ:もちろんお店によってこの確率はかなり変わると思いますし、男性の遊び方によっても変動します。例えば先ほどもお伝えしましたが、本番行為が認められていないお店なのに、女の子に別途お金を払ってそのような行為をすれば確実に感染率は上がります。あとはサービス中はコンドームをつけることを心がけたり、性器同士の接触を可能な限り避けることでも確率は下がるのではないでしょうか。

──なるほど。単純に計算すると2〜3回に1回は感染する計算ですよね。エリカさんとしては男性側も相当リスクがあるとお考えなんですね。

エリカ:そうですね。風俗嬢側もかなり意識しているにもかかわらず性病を防ぎきることは難しい状況です。お客様側は風俗嬢と同等かそれ以上のリスクはあるように感じますね。

──ありがとうございます。現役風俗嬢の方にこう断言されてしまうと、今後はかなり身構えてしまいそうです(笑)。皆さんも肝に命じておきましょう。
それではいよいよ最後の質問です。

【質問10】性風俗店の利用を検討している男性にむけて、何かアドバイスがあればぜひ教えてください。

──性風俗店の利用を検討している男性にむけて、現役風俗嬢であるエリカさんから、もし何かアドバイスがあればぜひ教えていただけますか。どんなことでも結構です。

エリカ:そうですね、私は性風俗店に行くこと自体は決して悪いことではないと思っています。ただ、彼女がいる方やご家庭のある方は、性病に対して最低限の心構えは持っておくべきだと思います。

エリカ:万が一性病にかかった場合、症状が出るまでに時間がかかります。その症状が出るまでに彼女や奥さんと性行為があった場合、本人だけでなくパートナーにも移すことになります。
女性は性病にかかることによって、不妊や子宮癌などの確率が上がります。大切なパートナーを守る為にも、また性風俗店で働いている女の子の為にも、ぜひルールをしっかり守って遊んでほしいと思います。

エリカ:注意しないといけないのは、症状が一切出ない場合もあるということです。この場合、よほど意識していない限り永遠に気づくことが出来ませんから、知らず知らずのうちに沢山の人に感染させてしまうケースもあります。
お店で遊ぶ場合は性病を移される可能性はゼロではないということはもちろんですが、自分が女の子に移す立場の可能性もあるということを、ぜひ自覚したうえで遊んでほしいと思いますね。

──エリカさん、ありがとうございました。

エリカ:こちらこそありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です